空港からスムーズに市内へアクセスする方法

ウィーン国際空港は日本からも直行便が運航されており、アクセスの良さが魅力です。空港から市内へ向かう手段としてリムジンバス、シティ・エアポート・トレイン、Sバーン、タクシーの4種類があります。まずリムジンバスはシュヴェ―デンプラッツ駅行きとウィーン西駅行きがあり、中心部のホテルに宿泊する人や他国へ列車で移動する人に便利です。次にシティ・エアポート・トレインは空港駅からウィーン・ミッテ駅まで約16分で行くことができる便利な移動手段となっています。しかし乗車券を自動券売機で購入せず車内で購入すると割高となってしまう為注意が必要です。そしてSバーンはウィーン・ミッテ駅やプラーターシュテルン駅へ向かう近郊列車となっています。乗り場は地下一階となっており、到着ロビーに表示されている空港駅の乗り場と混同しないよう注意しなければなりません。

日本とは全く異なる交通機関の利用方法

ウィーンには交通機関で行くことのできる観光スポットが数多く存在しており、交通機関を上手に活用することが充実した旅にするための秘訣となっています。まず海外旅行初心者でも利用しやすい地下鉄、Uバーンがあげられます。Uバーンは赤、紫、黄、緑、茶の5系統があり、それぞれの色で表示されているため迷うことなく目的地へたどり着くことができます。ただしドアは手動となっており、電車が止まったら取っ手を左右に引く必要があります。次に路面電車のトラムを利用するには少しコツが必要となってきます。停留所から乗車することができるのですが、乗り降りの際はボタンを押さないとドアが開かないつくりになっています。また、日本人にはアナウンスが聞き取りにくい場合があるため、予め下車する停留所が何番目かを確認しておくことが重要です。